女性の方でも年齢と共に抜け毛や薄毛が気になってくると、シャンプーなど気にする方が多いと思います。

育毛シャンプーとか、スカルプシャンプーとか・・・。

そして、このような育毛シャンプーやスカルプシャンプーを使えば抜け毛が減るって思い使っていませんか?

結論から言えば「大間違い」です。

そこで今日は、育毛シャンプーの間違った認識について書いていきたいと思います。

育毛シャンプーは髪の毛が生えない?

テレビCMでも育毛シャンプーなどが流れていると、「薄毛や抜け毛が改善されるんだ!」って、思い使う方もいらっしゃると思います。

ですが残念ながら、あなたが期待しているほどの効果はありません

これはあなたが悪いのではなく、多くが宣伝文句に踊らされているからなんです。

なぜ、それ程の効果が期待できないか・・・。

その答えは「原因に対しての対策」が違っているからです。

薄毛、抜け毛の原因は???

薄毛や抜け毛の原因は男性や女性でも違いますし、年代によっても変わってきますがその多くが

・ホルモンバランスの乱れ
・遺伝
・ストレス
・食生活の乱れ
・飲酒や喫煙
・睡眠不足や運動不足

など、体内環境が原因のことがほとんどなのです。

つまり、薄毛や抜け毛は「体の内側」の要因が多いのに、育毛シャンプーを使って外側から何とかしようとしたって、何とかならないんですよね

分かりやすい例えで言えば、頭が痛いのに胃薬を飲むようなモノ。

頭痛と腹痛は同じ痛みでも、原因が違います。ですからそれぞれの薬が販売されているわけですよね。

それなのに、「同じ身体の痛みだから痛み止めを飲めば効くだろう」って、飲んだって効果がある訳ないんです。

これと同じように、体内環境が原因で抜け毛が増えているのに、体の外側から育毛シャンプーを使ったとしても抜け毛が止まることはありません

では、育毛シャンプーの本当の目的とは?

育毛シャンプーは頭皮環境を整えてくれる

育毛シャンプーやスカルプシャンプーの役割は、抜け毛や薄毛にどのような効果があるのでしょうか?

その答えは、体内環境ではなく「頭皮環境を整えてくれる」役割があるのです。

頭皮の皮脂分泌の過多で毛穴が詰まるのは、ほとんどは体内環境が原因で起こります。

さらに過剰分泌された皮脂が腐敗して毛根を痛めてしまう原因にも。

そので、育毛シャンプーやスカルプシャンプーはこの過剰に分泌された皮脂を洗い流すことで、頭皮環境を整えてくれたり予防してくれるんです

これは「体の健康診断」のようなもの。

多くの人が体に不調がなければ病院へは行かないと思います。確かに、人間の体はやわに作られてはいません。

だからといって、体の内側では自分が気づかないだけであって、病気が進行している場合もあるのです。

そこで、健康診断を定期的に行って、体のメンテナンスをしておこう!ってことなんですね♪

育毛シャンプーに過度の期待はしない

上記でもお伝えしましたが、抜け毛が増えたり髪全体が薄くなるのは、体内環境が原因のことがほとんどです。

そして、育毛シャンプーやスカルプシャンプーの効果である「頭皮環境」が原因のことは実は、かなり少ないんです。

なので、テレビCMや雑誌などで紹介されているほど、抜け毛が減ったり薄毛が改善されることは期待できません。

だからといって、育毛シャンプーがまったく意味がないわけではないんです。

過剰な皮脂を取り除いて頭皮環境を整えておかないと、間接的ではありますが抜け毛や薄毛が進行しやすくなると言われています

どんなシャンプーが頭皮や毛穴にいいの?

では、一体どのようなシャンプーを選べば良いのでしょうか?

現在、販売されている育毛シャンプーやスカルプシャンプーなどの頭皮ケアシャンプーには2通りがあります。

①うるおいを守りながら、頭皮にはやさしい
②毛穴の皮脂をしっかりと洗い流す洗浄力重視

つまり、「皮脂をきっちり脱脂するか」「 乾燥しないように優しく洗うのか」と言うことなのです。

外側からの影響を考えると、皮脂分泌を抑えることはとても重要なことなのですが、夜シャンプーをしても朝になると頭皮がベタベタ、なんて人もいると思います。

この皮脂分泌が多いと毛穴に詰まり酸化して、毛根に悪影響を及ぼすんです。

だからといって、ガンガン皮脂を落としてしまうと今度は頭皮が乾燥して、逆に皮脂を大量に分泌しようとするので頭皮環境は悪化するばかり・・・。

たとえば男性の育毛剤で有名な「リアップ」は

1.超脂性肌用
2.脂性肌用
3.乾燥肌用

の3種類もの脱脂シャンプーから頭皮にやさしいシャンプーまで用意されています。

皮脂分泌が多くて頭皮がベタベタする方は、脱脂シャンプーがおすすめですし、頭皮が乾燥気味の方は脂を取り過ぎないやさしいシャンプーを使うことが大切です。

ただ、季節や頭皮の状態によっても皮脂の分泌量は変化するので、普段は皮脂分泌が多くてオイリータイプ用を使うと逆に頭皮が乾燥してしまいます

さらに細かく言えば、いつもよりシャンプーの量が多かったり普段の洗い方と違うだけでも脱脂しすぎてしまうなど、シャンプーの仕方で簡単に洗浄力は変化するのです。

理想としては、脱脂し過ぎずかつ程よく頭皮に皮脂が残る頭皮環境がつくれればベストですが、私たち人間の体は常に変化しているので上手くいかないんですよね。

まとめ

たとえ育毛シャンプーやスカルプシャンプーを使ったとしても、その使い方が間違っていては意味がありません。

しっかりシャンプーをすすぐとか、頭皮にトリートメントをつけなとか、髪を洗ったらそのままにせずドライヤーですぐに乾かすとか・・・。

薄毛や抜け毛の原因は体内環境が原因なので、良いシャンプーを使ったからと言って髪が生えてくることはありません。

シャンプーはあくまでも「正常な頭皮環境をつくるもの」と言うことを覚えておかなければならないですね。

→体の内側からケア「イクモア