身体全体の汗の量に関しては人並みだとしても、手だけかなりの汗が出る…。

ちょっぴり湿っているくらいならあまり慌てることはありませんが、手に取ったものが濡れてビショビショになったり落ちやすかったり、汗が飛び散ったりすれば、日頃の生活にまで不自由を生じさせてしまうのです。

さらに握手もしくは手をつなぐ事が行えなかったりしたら滅入ったりメンタル的なストレスが大きくなったり…。

手汗の原因とは?

手汗をかく背景にあるのは、いまだにしっかりと判明していません。

しかし自律神経の一部「交感神経」の作用が過敏になってしまうことがきっかけと噂されています。

「交感神経」は、重圧感がある時に動く神経で、各器官の作用を促進するもの。

一方で「副交感神経」というのはリラックスしている状態になって、各器官の行動を防ぎます。

ホルモンバランスの乱れ

月経や妊娠、更年期障害であったり、女の人のカラダはとりわけホルモンの作用を大きく受けます。

ホルモンバランスが悪化すると交感神経が極端に動くことは、脳の同様な部位がこれらの両方を司っているため。それに伴って手汗が発症しやすくなってしまいます。

ホルモンバランスは、プレッシャーや日常生活・老齢化などによりも崩れやすくなると考えられます

緊張など精神的なもの

「手に汗握る」といったセリフでも分かるように、人間というのは緊張した場合手汗をかきがちになるはずです。

悩んでいる場合や緊張したケースでは気分的にプレッシャーが生じており、交感神経が刺激され発汗に結びつきます

こういったことはよくあることですけど、やたらに交感神経が過度になると多汗症を発症して、汗を不安に感じることによってより一層プレッシャーになって凄い量の汗をかく…といった負のスパイラルに。

食事など生活習慣の乱れ

食事の好みの影響でも汗の量というのは違ってきます。

例えるならスパイスだったり辛いものをいつも食す方というのは、痛覚神経を刺激することからアドレナリンの分泌が多くなってしまって、交感神経を刺激。

これを「味覚性発汗」と言って、部分的に発汗する確率が高くなると思われます。

またカフェインやニコチンについては中枢神経を興奮状態にすることから、交感神経の刺激に結びつきます。

自分でできる手汗対策

どうにかしたい手汗。

ちょっと日々の生活に手を加えたりアイテムを利用することによって、その手汗の心配が低減される可能性があります。

睡眠時間の確保

眠りと自律神経については親密な関係があるのです。

十分な睡眠時間をキープし、質の良い睡眠を取ることによって交感神経の高まりをリラックスさせた方が良いでしょう

寝不足の場合だと交感神経が過剰になって、手汗が発症しやすくなっていくのです。

ちょうど良い睡眠時間は7時間ぐらい。

しかしいつまでも長く寝れば良いわけでもありません。

寝る前のご飯やカフェインの飲用、スマホの利用を控え、落ち着いた状態のもとで副交感神経を優位にして睡眠の質をアップさせたいものです。

ぬるめのお湯で半身浴を行ったり、ストレッチ体操するなどして血行を促進する事もいちおし。

制汗剤を使用する

手汗用のデオドラント用品を利用することもひとつ。

脇汗用などは殺菌や消臭作用だったり手汗にとってはとりわけ不必要な成分が入っています。

そのうえで脇汗用というのは「アポクリン汗腺」に影響を及ぼすようつくられてるのですが、手汗はこれ以外に汗腺「エクリン腺」が抜本的な要因ですので、次の様な手汗専用のタイプを選定することがおすすめ。

テサランの口コミサイト

腹式呼吸やお風呂でリラックス

副交感神経を優勢に機能させる事が手汗を抑制するにはキーポイント。

そのため、腹式呼吸を始めてみませんか。

深い呼吸を行なうことによって身体が落ち着いた状態になります。

プレッシャーがかかったとき等に腹式呼吸で深呼吸をすると、手汗を幾らかは制御する事が不可能ではありません。

うまく行かないケースでは、寝転んで息を口からちょっとずつ吐き、お腹を凹ませましょう。

全部吐ききったら徐々に鼻から息を吸って、お腹が膨らんでいる事をチェックしましょう。

10回ぐらい続けるとリラックスできますよ。 更にはのんびりと風呂に入るのだって、身体を落ち着かせ自律神経を良くするためにおすすめしたいと思います。

熱いお風呂ではなくて、ぬるめのお湯に30分くらい浸かりたいものです。寝る前に入浴すると寝つきも向上します。

手汗を気にしすぎない

手汗の要因としてストレスをあげたのですが、手汗を「心配すること」によって、より一層手汗を酷くしているケースもあります。

「汗が出たらどうしようか?」「気恥ずかしい」「手を繋ぐことができない」「握手を求められたら…」このような心配事がプレッシャーという形で、自律神経をおかしくしてしまうため、あまり手汗を気にしすぎないようにした方が良いでしょう。

あなたが考えるよりも他の人は気が付いていないことも考えられますよ

手汗を抑制してコンプレックスを解決しよう!

汗の悩み事については、性別や年齢とは無関係に人をネガティブにするとか劣勢感を持ちがちになることが多いです。

その中でも手のひらというのは普段握手や物の受け渡しであるとか他人と接しやすい部分なので、対人関係においても影響を与えてしまうのです。

とりあえずはあなたが行なえる対策にチャレンジしてみた方が良いです。

多少なりとも良くなれば心もスーッと和らぎますし、毎日の生活も円滑になると思います。

手汗を心配しなくなることによってストレスから起こる負の連鎖も止めることが不可能ではありません。