ダイエットをうまく運ぶカギを左右しているというのは日々のご飯。

なにより認識しているから食べる物にもの凄く配慮しているというのに、なかなかダイエットできない!

というケースは、ひょっとするとこの配慮している食事それこそが裏目を作り出しているのかも。

ダイエット時に摂り入れることが肝心な材料、食事のタイミングなど、太らない食事内容においてはいくつかルールが存在するのです

スリムになる為のダイエット法をまとめてみることにしました!

なぜ「太る」?原因と間違い習慣をチェック

一言で言うと、消費カロリーより摂取カロリーが上回ったら、消費される事がなかったカロリーが脂肪という形で溜まっていくのです。

しかし、「カロリーが心配なのに体重が落ちない」と考えている人もたくさんいるのでは?

このような「ダイエットできない女子」の中には4つの特色が…

「どんな時でもダイエットできると考えている」
「毎日食べ物の話をしている」
「“月経前なので”を正当化にしている」
「家でも出先でも省エネ化しがち」

ともに心当たりがあるといった人は勿論のこと、1つでも当てはまった方というのは注意が必要!

しかし、どれだけ話題沸騰中のダイエット法であっても、あなたの体質や日頃の生活に合うもの・合わないものがあるんです。

痩せやすいベストな食事タイミング

一回に食べるカロリーというのはちょっとでも、毎回口の中にご飯がある状況(ダラダラ食べ)を行っていたりしませんか? 

もしくは、毎食の時間がまちまちで、場合によっては深夜に食事を摂る場合があるという人はいないでしょうか?

「どんなものを口にするとスリムになるか、デブになるか」と合わせて、ご飯の時間も重要な要素なのです

とりわけ夕食。

睡眠中に消費し切れなかったカロリーがそっくりそのまま脂肪となって蓄積され易くなるので、一日のうちで夜間の食事量を抑制する方もたくさんいるはず。

でも本当のことを言うと、支障なくうまくスリムになるには、摂取カロリーを抑制するだけに限らず夕食の時間帯も大事です

夕食の時間を設ける際、前日の夕食~朝食までの時間が空くくらいが良いと考えられています。

夕食の時間が遅くなってしまうと体内時計が崩れるといった実験結果もあります。

夕食は、遅くなっても朝食から14時間のうちに終了させるよう習慣づけを

例えて言うなら、朝7時に朝食を食べたら、夕食は12時間後の19時が理想です。

「何が原因で太ったか」という自己分析を

食事に要因が存在しないという方は、ひょっとしたら「睡眠が足りないこと」が要因になっているケースも。

睡眠が足りないことはストレスをもたらし、それによって食事量が増加して運動量が減ってしまう。

その結果、肥満になりやすくなる…と科学的にも確認済みなのです。

あるべき姿は7時間ですが、少なくても6時間は就寝するように意識してください

ストレスや運動が足りないことのせいで、大人の身体は“脂肪を溜めこみがちに”なってます。

「ダイエットしたいから」と食事を抜けば体重は暫定的にダウンしますが、食べだし始めると直ぐに元の通り。

それだけでなく、食べないことによって身体が飢餓状態になって、より一層脂肪を溜めこみやすくなると思われます。

アラサーになると「食べなくても体重が減らない」といった意識も覚えておいて下さい!

まとめ

今までダイエットの注視すべき点をお伝えしてきたわけですが、一番重要なことは「あすから」といった気持ちを捨て去ること

「明日から」と考えていたところで、その明日がまったく来ない…といったケース、多々ありますよね。

「細くなりたい!」と認識した今日この瞬間から、やれる事をゆっくりとスタートしていくことが重要だと思います!