肌が粉を吹いたりパサついて痒みが出たり・・。乾燥肌さんは他の肌タイプに比べてもトラブルが多い肌質と言われています。

特に乾燥肌さんは化粧品選びには気を付けていると思いますが、失敗してしまうと肌の乾燥が進んだり、最悪肌荒れを起こしてしまう可能性も。

そこで今回は、乾燥肌さん必見の失敗しない化粧品選びに付いて書いていきたいと思います。

乾燥肌の特徴、原因は?

乾燥肌と自覚していない方でも、もしかしたら「隠れ乾燥肌」かもしれません。

まずは、以下のセルフチェックをしてみましょう!

・肌が白く粉を吹いてしまう
・かゆみを感じる時がある
・メイクのノリが悪い
・洗顔後、化粧水などをつけないでいると肌がつっぱる
・あぶらとり紙を頻繁に使う

このどれかに当てはまる方は、肌が乾燥しているもしくは隠れ乾燥肌の可能性があります

でも、どうして同じ肌なのに乾燥してしまうのでしょうか?

色々な原因が考えられますが、ひとつに皮脂の少なさと、肌内部の保湿成分の減少、間違ったスキンケアが挙げられます。

乾燥肌の原因

はじめに、お肌のうるおい感というのは肌表面に覆い被さる皮脂や汗と、肌構造で一番表面に近い角質層により保護されてます。

皮脂や汗というのは、天然のクリームと言われていて、目に見えないほど薄い膜をつくり出し、外部刺激からお肌ガードしてるのです。

角質層は、内部に天然の保湿成分や、水分を逃さないよう抱いているセラミドなどの細胞間脂質が存在しています。

細胞間脂質というのは、角質層内にある細胞と細胞の間の隙間を埋めることによって、外部刺激がお肌の奥深い所に到達しないように守る役割も果たしているワケです。

こういった、皮脂膜と角質層の作用をバリア機能と称しますが、乾燥肌というのはバリア機能が悪化した状態で、刺激に弱くなります

どうしてバリア機能がダウンするのかと言ったら、皮脂を取りすぎる不適切なスキンケアや、保湿が足りないことがメインの要因です。

たとえば、昼間にテカリが心配になってあぶらとり紙を盛んに利用したり、落ちづらいメイクばかりして洗浄パワーの強いクレンジング剤を使用し続けたり、肌ケアが面倒で保湿が足らなかったり・・・。

生まれながら乾燥肌、といった方もいらっしゃいますが、本来違う肌の質だったのに、前述のみたいなことが継続して乾燥肌となった、といった方が少なくありません。

乾燥肌のお手入れの原則として、言うまでもなく保湿対策

保湿ケア抜きに、乾燥肌というのはうるおい感を回復させません。

そうだとしても、いい加減に化粧水をバシャバシャ、クリーム思う存分、といった肌ケアも間違いになります。

乾燥肌においては乾燥肌に適したコスメを選択し、適切な保湿ケアをしてください。

乾燥肌の化粧品選びのポイント

保湿力の高い成分が配合されているか?

はじめに、コスメに次に挙げるような保湿成分が含まれているか否かを確認してみてください。

・セラミド(特にヒト型セラミド)
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・リピジュア
・プロテオグリカン
・プラセンタ など

保湿成分というのは色々なものがあるので、上記に紹介した以外の成分でも問題ないのですが、とりわけ保湿力が抜群であるのが先述した6つになります

とりわけ、肌馴染みが申し分なく角質層内にあるセラミドと構造がそっくりのヒト型セラミドや、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を誇るリピジュアなど。

昨今大学で調査され抜群の保湿力が見受けられたプロテオグリカンというのは積極的に採用したい保湿成分になります。

低刺激の化粧品を選ぶ

乾燥肌というのはお肌のバリア機能が弱まっている現状ですので、刺激の強い成分がお肌にマッチせず、肌トラブルが起こることも考えられます。

なるべく多くの成分を無添加にすえている低刺激のコスメをセレクトすると良いでしょう。

せめて、アルコールフリーのものが良いです。

アルコール成分というのは、毒性はないですが乾燥肌の敏感な状況には刺激が強く、さらにずっと使用することで乾燥ひどくなるケースもあります。

とりわけ日常的に使用する基礎化粧品やベースメイク化粧品というのは、刺激が少ないコスメを利用することによって、日々のお肌負担が減少し、お肌本来の力が回復しやすくなると思われます。

保湿力の高いものを使う

スキンケア商品に関わらず、化粧に使用するコスメも保湿力抜群の商品を使うようにしましょう。

メイクをしつつスキンケアが行えるような、美容効果の高い商品がベストです。

とりわけミネラルコスメというのは、天然ミネラルが主成分で保湿力があるだけじゃなく、落としやすいからクレンジングの負担が掛かりません。

まとめ

今日は乾燥肌さんを対象に、コスメ選びで重点を置くべき注目点を中心にお伝えしました。

私たちはついつい流行っている話題の化粧品を買ってしまいますが、どれだけ評判になっていたとしてもあなたの肌質に合わないのなら使用し続けられません。

コスメ選びのルールは、落ちにくさや発色の良さ、使い心地より先にあなたの肌の状態にふさわしいものか否か、が最優先

せっかく買った化粧品がお肌にマッチせず、お蔵入りになるのは不幸なこと。

肌の特徴に適した化粧品選びをしておくことで、失敗しないで自分にあったコスメにめぐり会うこと間違いありません。

 

○合わせて読みたい記事

シミやそばかすに有効な成分は○○!