夕方になると足がむくんでパンプスが入らない・・・。ふくらはぎがパンパンに張って歩くのが辛い・・・。

そんな悩みがありませんか?特にむくみは男性よりも女性に多いと言われています。

むくみは年齢を問わず誰にでも起こる症状で、発症する場所も様々です。

そこで今日は、どうしてむくみが起こるのか?むくみを自宅で簡単に改善できる方法まで紹介していきたいと思います。

むくみってなに?

まずはむくみがあるかセルフチェックをしてみましょう。

足のスネを指で5秒程度押して話した後に、押した部分の皮膚が凹んだままだったり、戻りが悪くなったりしている状態は「むくみ」の可能性があります。

さらに見た目にはむくんでいないようにみえても、足がだるかったり疲労感が抜けない、重いなどの症状がある場合は、隠れむくみかも。

さらにむくみは足だけではなく、内臓がむくむこともあるので注意が必要です。

むくみの原因は?

むくみが起こる最大の原因は「長時間体を動かさないで同じ状態でいること」「加齢や運動不足」と言われています

体を動かさないと体の中のリンパや血液の流れが悪くなり、体内で不純物を回収することができず体の中に水分が溜まっていきます。

この溜まった水分が皮膚の表面に漏れ出して手や足がぶよぶよにむくむんです。

軽度のむくみであれば時間とともに解消されていきますが、むくみがなかなか取れない場合は、ポンプの役割を果たす筋肉が弱り血液やリンパを循環させる力が衰えています。

さらにストレスや疲れ、睡眠不足が続くと体の新陳代謝が悪くなって、血液を送り出す心臓の働きが弱くなっている可能性もあります。

生活習慣の乱れによるむくみ

生活習慣によるむくみの原因として、長時間の立ち仕事や一日中椅子に座っていることがあげられます。

同じ姿勢でいると動かない部分は血行不良になります

とくに心臓から遠い足先は血液が届きにくくなり、体の中でもむくみやすい部位になるんです。

さらに足だけでなく顔がむくむ場合は、塩分の過剰摂取かカリウム不足が考えられます。

健康診断などで高血圧や血圧が高めと言われた方は、この可能性が大です。

塩分を取り過ぎると体の中の塩分濃度を一定に保とうと、水分を溜め込むのでそのおかげで体のむくみにつながります。

これを中和してくれるのが「カリウム」になります。

カリウムは昆布やワカメ、きゅうりやバナナなどのたくさん含まれています。

でも、これらを毎日摂ることは大変ですし現実的ではありません。ですのでサプリメントでカリウムを補うのも一つの手です。

塩分を取り過ぎた翌日にカリウムを積極的に摂ると、即効でむくみ解消を実感できるのでおすすめです

むくみが出ても一晩寝た翌日には収まっているようならそれ程深刻に考える必要はありません。

逆に注意したいのがむくみが繰り返したり、むくみが治らない場合です。

このような症状は重大な病気が潜んでいる可能性もありますので、医療機関の受診をおすすめします。

まとめ

いっぱい笑って「むくみ」を吹き飛ばしましょう!

むくみは内臓機能の落ち込みや日頃の生活の乱れが一番の起因。

カラダからの大切なシグナルになります。あれ?むくんでる?と考えたら、早めの手当てが必要不可欠です。

むくみを良くするやり方を採用しながら、日頃の生活にもきっかけを見つけ出し、食生活や活動量も十分考慮してみたらいいと思います。

そのうえで併せて見落としぎみの精神的の調査も忘れないで。ストレスは溜まってないでしょうか?きちんと眠れているのでしょうか?

自律神経の乱れがむくみが発生する原因になる可能性もあります。

カラダとメンタル面、いずれか一方が疲労してしまっていては、どこかに支障が出て来ちゃうんです

常日頃からハッピーに生活することだってむくみ防止にかなり効果があること。

毎日の笑顔を持続してむくみができる原因も吹き飛ばしていくことが大事だと思います!

○合わせて読みたい記事

乾燥肌さんの間違わない化粧品選び!