顔の美白に力を入れている女性は多くいますが、脚の美白に力を入れている方は少ないのではないでしょうか?

街中で見かける白くてすらっとした脚。同じ女性の私でも憧れてしまいます。「キレイな脚」って。(笑)

ホットパンツやスカートからスラっと伸びた脚に私だけでなく、あなたも目が行ってしまうこともあるのではないでしょうか?

ところであなたは「脚のケア」していますか?顔のケアはしっかりとやっていてもつい、脚のケアは疎かになっている方も大勢います。

実は脚は、日焼け以外にもムダ毛の処理のダメージやズボンを履くことでの擦れなどで、ダメージや乾燥など以外に肌トラブルが多いところなんです

街中で見かけたキレイな脚になるには、毎日のお手入れが欠かせませんが、一体どのような手入れをすればよいのでしょうか?

そこで今日は、脚が美白になる方法を紹介していきたいと思います。

美白の脚になるには「ダブルのケア」が必要!

キレイな脚になるためには何といっても、体の外側と内側から同時にケアする事です。

体の外側と言うのは脚のことで、お肌に直接塗る美白クリームや保湿クリームがそれにあたります。

体の内側からのケアは、美白効果が期待できる栄養をたっぷりと摂ること。

美白のキレイな脚になるにはどちらか一方ではなく、この2つが絶対に欠かせないのです

体の外側のケア(美白クリームや保湿クリーム)はそれ程難しいことではありませんが、体の内側のケアって疎かになりがち。

体の外側から美白になる方法って?

体の外側からの美白ケアはとっても簡単です。

特別なことは一切ないんですよ。別に足専用の商品を購入する必要もなく、今あなたが使っている美白化粧品を脚に使ってみましょう

「えっ、脚に使っても大丈夫なの?」って、思いますが基本的には同じ肌なので使っても何の問題もありません。

「でも、この美白化粧品高かったんだよな・・」って、方は美白化粧水でもOKです。

美白クリームよりも化粧水の方がお安いので、気にせずに使えると思います。

脚の保湿は忘れずにやりましょう

化粧水で脚のケアをする事は簡単ですが、化粧水だけではうるおいが足りません。

そこで、脚に化粧水をつけた後には、お手持ちのボディークリームでしっかりと脚を保湿してあげましょう。

以外と見落としがちですが、脚はムダ毛処理や乾燥などでダメージが多い部分なので、しっかりと保湿してあげる事が美白の脚に近づく第一歩です。

体の内側から美白の脚を作る方法

体の外側からケアしていれば、内側からケアしなくたって大丈夫じゃないの?って思うかもしれませんね。

確かに体の外側からケアすることでも効果を実感することはできますが、実は体の内側からもケアする大切な意味があるのです

美白クリームや保湿クリームを一生懸命に塗っても、肌の表面だけしかケアできずお肌の土台である「真皮」までには成分が届きにくいのです。

お肌の土台が整っていないと効果もイマイチですからね。

美白に効果的な食べ物は?

上記でもお伝えしたように、キレイな脚をつくるには外側からのケアだけではダメなことが理解して頂けたと思います。

そこで、体の内側からも美白ケアをするために、食べ物やサプリメントでしっかりと栄養を補給して美白になれるようにしましょう。

具体的には野菜全般や果物、ナッツ類に含まれているビタミンを摂るようにして下さい。

また、大豆製品や海藻類も美白の脚をつくるのには大切な成分です。

さらにキレイなお肌を作るために必要不可欠なセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの成分も忘れずに摂りましょう。

これらの成分は魚介類やこんにゃく、納豆などの食べ物にたくさん含まれています。

でも、「毎日魚やこんにゃく、納豆を食べるのは大変」こんな人もいるかと思います。

確かにこれらの食品を毎日食べるのは大変ですし、現実的ではありませんよね。

そんな時はセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸が入っているサプリメントを活用してみてください。これなら飲むだけなので毎日続けられますからね^^